石焼き芋用の鍋*いも太郎レビューと使い方、専用の石購入について

キッチングッズ

焼き芋がおいしい季節になりましたね。
せっかく食べるなら「最高の味」で食べたいと思えてしまうほど、我が家は焼き芋大好き家族なのです。

石焼き芋を作るための専用鍋「いも太郎」は実際どうなの?使い方は?などを含め、レビューします。

いも太郎レビュー

焼き芋専用鍋がほしい! と思ったのは2012年のこと。
種子島に住む友人から「安納芋」が送られてきたのがきっかけでした。

このおいしい芋をどう調理するか → もちろん焼き芋でしょ
でもせっかくならこの焼き芋を「最高の味」で食べたい。

と思ったのです。

で、リサーチする中でひときわ輝いていたのがこちら。

単なる鍋じゃないですからね。石を敷き詰めるってところがポイントで。

焼き芋じゃなく 「石焼き芋」ができるってところが (^O^)/

届いて早速作ってみた画像がこちら

う~ん なんとも贅沢な使い方w
実際には、これくらいの大きさのが3,4個は入ります。

imotaro1

出来上がりはこんな感じです~ 

見て見て~~~♪ このゴールデンイエローーーー かつ、ネットリ感(*´艸`*)

imotaro2

焼き芋大好き長男が ムハムハ、ハフハフ言いながら食いついております♪

imotaro3

安納芋ってもともとしっとりねっとりしているのでそれだけでもおいしいのですが
それが、この石焼き芋用の鍋で作ることにより、さらにネットリーと♪

ただ、これほんとに石焼き芋用の鍋なんで、他で使えるか? というと、他では使わないですね (私の場合は)
なので、よっぽど焼き芋を食べる人じゃないと、邪魔に感じるかもしれません。(それしか使わないので)

我が家は、毎年ダンボール1箱分は食べますのでね w

ただ、ふかす系のものは他にも使えるみたいですよ
じゃがいもやとうもろこし、栗などにも使えるようです。
我が家はこの期間は毎日、いも太郎さんはさつまいもで占領されてますから、他の野菜を使うスペースと時間はありませんw

石焼き芋鍋 いも太郎 使い方

使い方は簡単です。

1,芋の中に付属でついてくる石を入れ、その上に芋を乗せます
2, 強火で鍋を温め、その後、弱火にして20~30分ほど 

でできあがりです。

我が家の場合は、

>2, 強火で鍋を温め、その後、弱火にして20~30分ほど

この過程を、裏返して、もう1度繰り返します。
そうすると、どこの面でも「石から直接あたった熱」のおかげでまんべんなくホクホクになる気がして。

念には念をということでちょっと多めの時間でやっております。
芋の大きさにもよりますが、少し大きめなら、ひっくり返して同じ時間やった方がいいですよ~

串や箸などを刺して確認しながら加熱すると良いでしょう。

石焼き芋鍋の専用の石を購入するには?

この「いも太郎」を購入した場合、
購入した人のみ、石のみの販売も行ってくれています。

一応、鍋を購入した時に500gの石はセットでついてくるのですが
何かあった時のために、我が家は別途の石も購入しました。

鍋を購入する時、備考欄に「石を買います」という希望を伝えれば、専用石も購入できます。

ちなみにその辺の石を拾ってきて使うと、衛生面の問題や爆発の危険性などがあるそうで、
使うなら専用石のみにしましょう。

鍋を買う時に石の別売りを買っても250g が 238円(税抜)で買えますので、そんなに高い買い物じゃありませんしね。

ちなみに、鍋は買わずに、焼き芋用の専用石だけ買いたい
という場合には、こういう商品もありますよ~。

余談

完全に余談にはなりますが、うちの息子、
このいも太郎で食べている焼き芋 (安納芋)の食べ過ぎで

彼の中での「焼き芋」の概念が、この → いも太郎で作る安納芋の石焼き芋
になってしまい、

これ以下のものは「焼き芋じゃない」とさえ感じるようにw

学校で「焼き芋会」なるものがありまして、校庭で焚き火をしてその中にさつまいもをして焼き芋を作り、生徒みんなで食べる
という行事があったんですね。

それに保護者も参加できたので、私も参加したのですが
そこで出来上がった焼き芋を食べた時に息子が放った一言

「甘味が全然ないね・・・」

そりゃそーだろっ! 安納芋じゃないし、その辺の畑で収穫したやつだし、石焼とかしてないからねっ
まぁ私もその焼き芋は食べたんですが、堅いしホクホクしてないしで 単純にさつまいもを熱しただけ
という感じでおいしいものではありませんでした。

家の普通の鍋でつくってもほんとそんな感じですよね 甘味も少ないですし。

この「いも太郎」を入手したら、その辺のスーパーで買ってきたさつまいもではなく、
絶対に「安納芋」で作ってみてほしいです~
ほんとに最高の状態で味わえますよ~~ (^O^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました